ランチを食べてから習い事に行こうとして、コンビニでサンドイッチを買いました。だがその日はごはんの日数が十分に取れなくて、原則サンドイッチを食べられませんでした。
習い事が終わった後は、さすがにお腹が空いてしまいました。家に帰るまで忍耐ができないぐらいだ。買ったサンドイッチを途中で食べようと思いましたが、食べられる地が見つかりません。仕方がないのでサンドイッチはバッグに入れたままにして、ファミレスに寄って遅めのランチを食べました。
マンションに帰ったら直ちに、サンドイッチを冷蔵庫に入れました。だが夕食には違うものを食べてしまい、原則サンドイッチは翌朝まで冷蔵庫に入れっ放しでした。
翌朝、起き抜けの我々が目にしたのは、夫がサンドイッチを食べているところです。冷蔵庫に入っているのをはからずも見つけたみたいでした。
「そのサンドイッチ、需要締切が今日の昼前1場合なっていない?」
我々はあわてて夫に聞きました。需要締切を過ぎたものをうっかり食べて、お腹を壊さないか心配になったからです。
「え?需要締切は今日の昼過ぎ1シチュエーションだけど」
夫に言われて、我々はふたたび需要締切を確認しました。一番「昼過ぎ1シチュエーション」という表示されていたのです。
「なんだ、需要締切を過ぎていなくてよかった。食べてくれて有難う」
我々は夫にお礼を言うと共に、自分の日数取り締まりの新しくさや設計性のなさ、そそっかしさを懺悔させられました。何はともあれ、食物を無駄にしないでよかったです。SEXがしたいときに見るサイト