とある機会に死にかけて生還してきた自身と逢う機会がありました。
あたい自体が以前に死にかけて生還してきた人となりなので、死の淵から帰って来た人間の顔というものが感覚でそれとわかるようになりました。
死ぬかもしれない一時はこういう何とも悩みがぜひならないのかというのですが、その生還してきた自身もそうでしたし、そういうことが無いということがどんなにマグレかを噛み締めて一年中暮らしていらっしゃる。
命長らえたら、憑き物が取れたように体躯も胸も軽くなります。その人もそういった軽やかな顔を通じていました。
何とか助かった命だから生きていることにただ感謝して、一年中を極力生きようというようにあたいはなりました。その人も口には出しませんが、精一杯生きようという元気がカラダから放たれていました。
人となりは生きているのではなく生かされているということをいう自身がいらっしゃる。確かにそういった面が命にはあります。
九死にライフを得た人となりは粗方明るく軽やかな顔を通じていて、人となりが全て、誰かという誰かのお互いのお陰で皆で生きていて、そんな元気が死にかけてどうにかわかったのかもしれないというくらいには、体感も空想もいまいち素晴らしいわけでもないとも考えが付きます。
そんな意味で命こそお宝だ。あたいもその人もそういうことを実感しているような顔になっていて明るく軽やかな顔をしているのであると思いました。セックスがしたい人が、頻繁にセックス出来る方法とは?