今日はたえず時間ができるって訪れるイタリアンバルをめぐってきました!
連休の影響なのかいつもより穏やか。けれどもそんな時こそ自身にとってはハピネス!!仲可愛い妻修得って一際内容ができるからね!
そのままのおつまみ決定。今日はトリッパの煮込みと酒粕のカナッペ、馬肉のカルパッチョに生ハム。そうしてお任せでワインを。今日の最初のワインは、フランス・ロワールのロゼペティアン。辛口だけどピチピチなフルーツ味覚、そうして何と言っても軽やかな味覚だけど、正しく裏がある!何とも幸ー!
折角なので、いま別のお店で出してもらったワインがどうしても美味しくなかったって対談を。自身はその時のワインにおいて「ないな」と感じて口の時がかなり面白くなかった。見せかけしかないような感じで、無念気持ちになってしまった。そういう対談をしたら修得は「ないというよりは薄っぺらかったのかな?」といった。まあ!ビビッ!
修得曰く、ないワインは沢山あるけど、本当に葡萄とか畑とか気候とかしくみ輩とかを考えていらっしゃるクリエーターのものは薄味覚の裏に沢山のドラマをもちましておるワインを造れるんだよ、とのこと。ただ、薄っぺいワインが全て悪賢いわけではないし、ちゃんと希望もあるし、何て言ったって労働だからね!とも。甚だ面白い修得です。
そんなこんなで、呑み比べをさせてもらいましたよ!
一つはモロって店舗のモンテプルチアーノ・ダブルッツォ。もう一つはラバスコのモンテプルチアーノ・ダブルッツォ。時代は違うけれど、明らかに違うものが!というより、モンテプルチアーノ・ダブルッツォってこれ程味わい深い物質なのか!というくらいラバスコは激しい!無いように感じるけど、しつこい!執念深いけどサラサラしてる!そうして味覚の知見が多い!
二度と感動です!
ビビッからワインはやめられない…。
また止まりますね!SMで出会いを求めるならこちら